英会話

-英会話勉強法実践編-

発音はアクセント重視!!

外国人と実際に話をするときに、初心者が気になることの一つが発音でしょう。何度も繰り返しても、通じないという方は多いと思います。考えただけでも冷や汗が出るという方もいるかもしれません。
発音が通じないと、どれだけ英語の知識があってもコミュニケーションがとれませんから、かなり重要な要素です。

ただ、実は英語の発音というのは、それほど難しくありません。本を1冊買って、練習すれば通じるレベルにはすぐにたどり着けます。
発音が通じないという場合、その原因は恐らく、英語の発音方法を知らないだけです。
英語には日本語にはない発音があるので、それを知識として知れば、まず大丈夫です。

日本語なまりといっても、元々英語は国際語ですから、その国ごとになまりはあります。そもそも、アメリカのなかでも、地域ごとになまりがあり、アメリカ人同士でも、よく分からないといっているぐらいです。
日本語でも、地域によって大きく違ってきますよね。それと一緒です。最近では日本語なまりも認知されつつあるようなので、それほど気にしなくて大丈夫です。

※それよりも重要なことはアクセントです※

多少、なまりがあっても、アクセントさえしっかりしていれば、しっかり聴き取ってもらえます

アクセントに意識を向けるようにしてみましょう!!

発音を覚えておこう!!

コミュニケーションの基本は聴くことです。相手の言っていることが分かれば、なんとかなります。ですから、リスニング能力を鍛えるのが一番なのですが、そのために一番有効なのが発音を覚えるということなのです。今まで自分が知らなかった音を認識することによって、抜群に能力がアップします。

それはスピーキングにも表れますから、あなたのしゃべる英語はより通じやすくなるはずです。一石二鳥の効果が期待できるので、何よりも先に取り組んでみましょう!!

文法をマスターするには??

文法というのはコトバを運用する上での決まりごとなので、文法の知識なしに英語をマスターすることは不可能です。
まず最初に取り組むべきことになります。文法というと気難しいというイメージがあるかもしれませんが、それは学校のテストや受験英語のイメージがあるからです。

こういったテストはある意味間違わせることが目的なので、わざと難解な問題やひねくれた問題を出したりするものですが、英語を話せるようになるためであれば、それほど難しい知識を覚える必要はありません


会話に必要な最低限の文法知識を身につけるのであれば、高校卒業程度の知識レベルで十分です。文法を最初から勉強するのであれば、中学生・高校生用の参考書を利用するのが一番です。文法に関していえば、覚えるべき知識の量はそれほどでありません。参考書や問題集も何冊も買い込む必要はありません。

それよりも、1冊の本を何度も繰り返し勉強して、そこにのっている知識をキチンと覚えることです。こちらのほうがお金もかからないですし、学習効果も高いので、オススメです。

英語を読むときの注意点!!

英語と日本語は語順が違います。英語の場合も日本語の場合も、主語から始まるのは同じです。英語は主語に続いて動詞がすぐに現れるので、その基本を覚えておかなくてはいけません。一番重要なのは、主語(誰のことについて話しているか)を知ることですので先頭から読むようにします。

英語の長文を読む場合には、まず全体に目を通すことが大切です。単語をひとつずつ見ていくのではなく、流し読みで良いので大きな文章の構成を見ることから始めます。新聞などであれば最初に見出しの確認、本であればコンテンツを読むことも内容を理解する手助けとなります。

おすすめWEBサイト 5選

人毛100%の医療用ウィッグ 

Last update:2017/12/27

Copyright (C) 2008 英会話. All Rights Reserved.